[PR]

 大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された人気アイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」の元メンバーで会社経営の田口淳之介容疑者(33)が、「大麻は2人のもの」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。ともに逮捕された同社員の小嶺麗奈容疑者(38)は「私のもの」と述べているという。

 関東信越厚生局麻薬取締部は、小嶺容疑者が田口容疑者をかばっている可能性もあるとみて慎重に調べている。

 同部によると、2人は22日昼過ぎ、同居する東京都世田谷区の自宅マンションの一室で、乾燥大麻数グラムを所持した疑いがある。供述に食い違いはあるものの、取り調べには素直に応じているという。

 同部は部屋から、たばこの葉を細かく刻む「グラインダー」と呼ばれる器具と巻紙を押収。2人がこれらを使って大麻を使用していたとみており、大麻の入手ルートやいつから使用していたかなどについて捜査を進めている。

【動画】留置先の東京湾岸署に移送される田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者=河崎優子撮影