[PR]

 100年以上の歴史をもつ老舗映画館「上田映劇」(長野県上田市)には、「名誉館長」がいる。大泉洋さん、46歳。北海道出身の人気俳優は、閉館の危機に陥っていた映劇の復活に一役買ってきた。

 23日。映画「そらのレストラン」の上映後、主演した大泉さんが映劇の舞台に登場した。映劇を訪れるのは6度目だ。約250人の観客から「お帰り!」。「久しぶりの上田でございまして、ありがとうございます」と話した大泉さんは、館主の駒崎勉さん(60)との軽妙なトークで客席をにぎわせた。

 芝居小屋として1917(大正6)年に開館した映劇は、8年前の2011年に映画の定期上映を休止した。設備の更新や老朽化した建物の改修にかかる費用が多額である一方、客足は減少し続けていた。「歴史のある映画館を何とか残す方法はないか」。運営に長年携わってきた駒崎さんは、アイドルの公演や音楽ライブの会場に貸し出しながら、模索していた。

 大泉さんが映劇を初めて訪れた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら