[PR]

 高校野球の春季関東大会は23日、さいたま市の県営大宮球場で決勝があり、東海大相模(神奈川)が東海大菅生(東京)を7―3で下し、初優勝を果たした。

 両校はともに東海大の系列校で、東海大相模は春夏計4度の甲子園優勝を誇る。東海大菅生も春夏通算6回、甲子園に出場している。決勝で顔を合わせるのは初めてで、胸に「Tokai」と入った縦じまのユニホームはそっくりだ。

 東海大相模は一回、1番鵜沼の先頭打者本塁打などで3点を奪い主導権を握った。中盤にも加点し、突き放した。

 東海大菅生の若林弘泰監督(53)は対戦が決まった前日の準決勝後、「うちの方がブルーが少し薄いんです」などとユニホームのデザインの微妙な違いを力説していた。自身も東海大相模の出身。実績に勝る母校に敗れたが、「付属のリーダー的な学校と対戦できて、選手たちにはよい経験になったと思う。西東京を制して、夏の甲子園でもう一度、相模と対戦して勝ちたいという意欲がわきました」と語った。