[PR]

 「倍返しだ!」の決めゼリフで社会現象にもなった2013年のTBS系ドラマ「半沢直樹」の続編が、来年4月から日曜劇場(日曜午後9時)で放送されることが決まった。TBSテレビが23日、発表した。

 主演は前作に続き堺雅人が務める。池井戸潤の半沢シリーズが原作で、「ロスジェネの逆襲」、「銀翼のイカロス」(いずれもダイヤモンド社)を映像化する。

 バブル期に入社した銀行員、半沢直樹が、理不尽な会社組織や上司に立ち向かっていく物語。前作の最終回で、半沢が出向を命じられたが、今作では出向先の証券会社に赴任するところから物語がスタートする。

 13年の放送時には、最終回で、平成の民放連続ドラマで最高となる視聴率42・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。「倍返し」のフレーズは同年の流行語大賞にも選ばれた。

 プロデューサーの伊與田(いよだ)英徳(ひでのり)さんは「大変うれしく思います。皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたい」とコメントを出した。(定塚遼)