[PR]

吉川元・社民党幹事長(発言禄)

 (政権側が)衆院解散の大義をいろいろ探している。もともと大義がないから、例えば野党が内閣不信任決議案を出したら解散の大義になると(菅義偉官房長官らが言う)。だとしたら、出すたびに解散するんですか。大義なんてものは、過去の2回の解散をみても、大義にならないような大義をつけて解散をしている。明らかに解散権の乱用を続けている。

 大義探しだから、仮に不信任案を出さなかったからといって、解散をする、しない、という話とはまったく別問題と言わざるを得ない。当然、(政権が)信任に値しないとなれば、ちゅうちょなく不信任案は出すべきだ。(記者会見で)