[PR]

 愛知、三重、岐阜の東海3県の主なレジャー・文化施設で2018年度に最も多くの客を集めたのはナガシマリゾート(三重県桑名市)で、1550万人だった。13年連続の首位。

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングが78施設に尋ね、回答した75施設のデータを集計した。前年度と比較できる74施設をみると、台風や猛暑の影響もあり38施設で集客数が減少。一方、新施設の開業などで客が増えたのは34施設だった。2施設は前年度と同じだった。

 昨年10月に商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」が開業した中部空港は、前年度比21・6%増で747万人。本丸御殿を全面公開した名古屋城は16・0%増の220万人。飲食できる「金シャチ横丁」ができたことも、にぎわいにつながった。ナゴヤドームは、中日・松坂大輔投手の活躍もあって460万人(同18・1%増)だった。また、レゴランド・ジャパンは数値を公表していないため対象外とした。

フライト・オブ・ドリームズは100万人突破

 中部空港(愛知県常滑市)の商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の累計来館者数が31日、100万人を超えた。開業232日目。午前中に記念式典が開かれ、100万人目の来館者となった愛知県豊田市の会社員山田託也さん(35)に記念品が贈られた。

 式典で中部空港会社の鈴木健一営業企画部長は「世界で類を見ない施設。いつまでも新鮮で飽きられない施設にしていきたい」とあいさつ。家族3人で石垣島へ行くという山田さんは「驚いている。石垣島は梅雨だと聞いて暗い気持ちになっていたが、明るい気持ちで行ける」と話した。

 フライト・オブ・ドリームズは米ボーイングから寄贈された旅客機「787」の初号機を展示する複合商業施設で、昨年10月に開業した。地上4階建てで、飛行機にまつわるアトラクションや、ボーイング創業の地の米シアトルをイメージした飲食店がある。初年度の目標来館者数は150万人。(初見翔)

2018年度の集客数上位10施設

 1位 ナガシマリゾート    三重県桑名市  1550万人(1.3)

 2位 刈谷ハイウェイオアシス 愛知県刈谷市  848万人(▼4.0)

 3位 中部空港        愛知県常滑市  747万人(21.6)

 4位 河川環境楽園      岐阜県各務原市 462万人( 2.2)

 5位 ナゴヤドーム      名古屋市    460万人(18.1)

 6位 ラグーナテンボス    愛知県蒲郡市  287万人(▼2.4)

 7位 東山動植物園      名古屋市    254万人(▼2.3)

 8位 JAあぐりタウン・

   げんきの郷        愛知県大府市  239万人( 7.3)

 9位 名古屋城        名古屋市    220万人(16.0)

10位 名古屋港水族館     名古屋市    210万人(▼5.2)

 (かっこ内は前年度比増減率%。▼はマイナス)