[PR]

 イオンは23日、グループ内でプラスチック製レジ袋の無料配布をやめる店舗を拡大すると発表した。来年2月までに、コンビニやドラッグストアなど幅広い業態で実施し、今年2月時点より約800店多い約2500店に増やす考えだ。

 現在、総合スーパーの「イオン」や食品スーパーの「マックスバリュ」を中心に無料配布をやめているが、グループのミニストップやウエルシアでも実施する。

 ミニストップでは、6月中に直営2店で無料配布をやめ、来年2月までに直営の全約40店に広げる。スーパーではすでにプラ製レジ袋の有料化に切り替えているが、ミニストップでは、プラ製の代わりに紙製の使用を検討する。ウエルシアも、レジ袋の配布そのものをやめる方向で取り組む。

 イオンでは、持参できるマイバッグや買い物袋として、6月4日から新商品を売り出す。原料の一部にリサイクルプラスチックを使い、デザインにもこだわった。マイバッグはMサイズが税抜き150円、Lが200円。買い物袋はMが40円、Lが50円。(佐藤亜季)