[PR]

患者を生きる・眠る「ナルコレプシー」(2)

 突如おそってくる強い眠気は、ナルコレプシーという病気によるものかもしれない。「きちんと診てもらいたい」。千葉県の駒沢典子さん(49)は中学2年のとき、高校生になったら病院に行くと決意した。

 30年以上前のことだ。インターネットで簡単に検索はできず、電話帳をめくり、近くの病院に精神科があるのを見つけた。

 高校1年のある日。学校の授業が終わり、急いで家に帰った。親の保険証をこっそり借りて、制服のまま自転車で病院に行った。

 脳波を調べた医師から、「ナル…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら