[PR]

 中部空港を望む愛知県常滑市小林町の蒲池(かばいけ)海岸で今年、絶滅の恐れがある在来の希少な植物スナビキソウの生息地が拡大の兆しを見せている。県内唯一の自生地とされるが、外来植物の侵入で生息地が狭められ、喪失の恐れもあった。県と常滑市が地道に続けてきた外来植物の駆除作業が成果を見せ始めた。

 「たくさんある!」。今月21日、海岸で外来植物のアツバキミガヨランとウチワサボテンの駆除に汗を流した市生活環境課の田辺悟主事は達成感に包まれた。

 県のレッドリストで絶滅危惧種とされたスナビキソウが数十株も生えていたからだ。外来植物に生息地を奪われ、昨秋は1株しか見当たらなかったという。「このまま絶滅するのか」と危機感を覚えていた。

 県から声をかけられ、外来植物…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら