[PR]

 英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる混乱で、メイ首相に辞任を迫る圧力がかつてなく強まった。状況を打開しようと、野党が求める2回目の国民投票も選択肢に入れたことで、与党・保守党内に反発が広がり、政権の主要メンバーは22日、抗議の意思を示して辞任。メイ氏の辞任は間近に迫っているとの観測が広がっている。

 英紙タイムズは23日、メイ氏周辺の話として、24日の保守党幹部との面会後にメイ氏は辞意を表明する見通しだと伝えた。英紙フィナンシャル・タイムズも数日以内に辞任するとの見方を伝えている。

 党内では離脱手続きが進まないことへの不満が強い。メイ氏と党幹部は、離脱関連法案を6月初めに英議会で採決した後、次の党首選の日程を決めることで既に合意しており、その際にメイ氏が退任時期を示すとみられていた。だが、法案採決まで、政権がもたない可能性が出てきた。

 政権内の離脱強硬派のリーダー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら