(花まる先生)ICTで音楽 感性育む

有料記事

宮坂麻子
[PR]

埼玉・戸田市立戸田東小学校 小梨貴弘先生(46)

 大きなスクリーンの両脇に、テレビモニターが1台ずつ。さらに、その下にパソコン用モニターが1台ずつ……。充実した機器の音楽室で教えるのは、小梨貴弘先生だ。ICT(情報通信技術)を使った授業で知られている。

 6年生の授業は、いつもの発声練習と歌から始まった。スピーカーから岡村孝子の「夢をあきらめないで」の伴奏を流し、全員で歌う。「まだ表情が硬いよ!」。先生はiPadを片手に声をかけて回る。画面には、座席順に子どもの顔写真と名前が並ぶ。タッチすると、評価項目が出て、○を付けるとデータが蓄積されて成績になる仕組みだ。「『iDoceo』というアプリで、授業もきちんと評価しています」と先生は言う。

 続いて、本題のホルスト作曲…

この記事は有料記事です。残り1612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。