[PR]

 米国のトランプ大統領が25日から来日し、滞在中に大相撲の千秋楽を観戦することになりました。幕内優勝力士には「米国大統領杯」を授与するそうです。大相撲は海外でも人気で、他国の首脳には、訪日中に相撲観戦をしたり、「大統領杯」を創設したりした人もいました。大相撲を舞台にした外交などについて、相撲報道に60年以上携わってきた元NHKアナウンサーの杉山邦博さん(88)に聞きました。

 ――トランプ大統領は「升席」で観戦すると話題になっています。どんな席ですか。

 土俵から10メートルくらいしか離れていない席で、「桟敷席」とも呼ばれています。力士たちがぶつかり合う音や息づかいまで聞こえますから、特上の席と言って間違いありません。

 ――大統領は椅子を使って観戦するそうです。

 桟敷席はその名前の通り、座ったりあぐらをかいたりする席です。椅子が使われたことは、私の記憶の限りではありませんね。

 ――力士が勢い余って転がり落ちてきたら危険ではありませんか。

 「升席」よりも土俵に近いところには、いわゆる「砂かぶり」と呼ばれる「たまり席」があります。力士がそこまで落ちてくることはしばしばあり、骨折した観客もいると聞きますが、「升席」まで力士が落ちてくることはありえません。

 ――座布団が飛んだ際の警備も話題になっていますね。

 座布団が投げられるのは、お客さんたちがいい取組を見て「よくやった!」と喜んで興奮したときが多いです。ほかにも、横綱や大関が期待はずれの負け方をして、「しっかりしろ」と激励のために投げることもありますから、タイミングは予想がつきませんね。

 ――海外の要人は通常、貴賓席で観戦するのでは?

 そうです。日本の皇室や、海外からの賓客の方は2階の貴賓席で観戦されてきました。そういった方をお迎えするために特別に設けられた席ですし、これまでも観戦された方は皆さん、大変喜んでいただいたと聞いています。

【動画】トランプ米大統領が大相撲夏場所で手渡す予定の「トランプ杯」。大統領は今回、土俵には上がる?=グラフィック・米澤章憲

 ――なぜ、トランプ大統領は升席に?

 私にはわかりません。正直、せ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら