[PR]

 伊ファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニさん(84)が23日、東日本大震災後に設けた「ジョルジオ・アルマーニ奨学生」制度を受けた若者の代表3人と都内で初めて面会した。当時中高生だった3人は、被災から現在までの状況や、支援に対する感謝の気持ちをアルマーニさんに伝えた。

 アルマーニ奨学金制度は日本ユネスコ協会連盟を通じて、震災があった2011年から3年間、毎月2万円を被災した岩手県と宮城県の若者135人に支給した。

 面談会で代表者たちは、震災や津波で家や家族や友人、親の仕事などを失った。先の見えない不安のなか、「進学をあきらめなくてよくなった」(21歳)、「将来の夢を捨てないで済んだ」(23歳)などと語りかけた。3人は現在、俳優や社会福祉関連の仕事をしているという。

 アルマーニさんは「一番大事なのは命。命こそ財産。日本の震災で私は心から痛みを感じた。なによりこうして話せることができてうれしい」と語りかけたうえ、俳優には「勇気をもって」、福祉関連の若者には「人生に絶望している人たちへのまなざしを変えることは大事だ」などと、それぞれにアドバイスした。

 アルマーニさんは、今年3月に東京・銀座の旗艦店がリニューアルしたことから12年ぶりに来日。24日には2020年春夏クルーズコレクションのショーが都内で開かれる。(編集委員・高橋牧子)