[PR]

 今回公開された旧政府専用機はボーイング747型機。かつては民間航空会社でも多く採用され、「ジャンボ機」の愛称で親しまれてきました。全長は70・7メートル、民間旅客機だと400人以上が乗れるスペースを、専用機は定員150人で設計してあります。2機合わせて約360億円かけて導入し、1993年に運用を始めました。

 航空自衛隊の特別航空輸送隊に所属し、北海道千歳市の千歳基地を拠点にしています。要人は羽田空港から出発することが多いのになぜ千歳なのでしょうか。機体が大きすぎて、千歳以外に専用の格納庫を用意できないことなどが理由なのだそうです。外遊のたびに、千歳から羽田に向かい、要人を乗せています。

 過去に経験のない外遊先の場合は、事前にルートの確認などを行う予行飛行を行うことが多いが、02年の小泉純一郎首相による「電撃訪朝(北朝鮮訪問)」では、未知のルートでいきなり飛行したこともあります。今年3月末までに100カ国を訪問。総飛行距離は地球365周分、約1460万キロメートルにも上るそうです。26年間、日本外交を支えてきました。

 今回、旧型機が退役し、ボーイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら