[PR]

 平成の「悪夢」は繰り返しません――。東都大学野球春季リーグ戦は24日、今季の全日程を終えた。昨秋2度目の優勝を果たし、明治神宮大会も制した立正大は5位でシーズンを終了。2部との入れ替え戦に回る最下位は辛くも免れた。リーグ戦と神宮大会を2009年に初制覇したが、翌年に2部降格。そんな悪夢が再び起こる可能性はなくなった。

 立正大は22日まで勝ち点0。同じく勝ち点のない駒大との「5位決定戦」は、昨秋の優勝決定戦と同じ顔合わせでもあった。

 立正大は22日の1回戦を3―2で競り勝ち、23日の2回戦も駒大の粘りに苦しみながらも6―4で振り切って、ようやく勝ち点1を獲得した。

 東都大学リーグでは今季から1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら