[PR]

 暖かい南風と朝からの晴天で、24日は埼玉県内各地で気温が上昇した。熊谷市で県内最高の31・8度を記録するなど、気象庁が気温を観測している県内8地点全てで最高気温が30度を超える真夏日となった。熊谷地方気象台によると、県内の真夏日は今年初。気象庁の予報では25日も暑さは続き、熊谷市で34度、さいたま市や秩父市で33度となる見込み。26日には熊谷市で35度の猛暑日になると予想している。

 熊谷市は朝方は16度ほどだったが、日が高くなるにつれて気温はどんどん上昇。午後2時45分にこの日の最高気温となった。2位は鳩山町の31・6度、3位は越谷市31・5度。以下、寄居町31・3度、秩父市30・8度、久喜市30・7度、所沢市30・4度、さいたま市桜区30・2度。

 JR熊谷駅周辺に設置されている冷却ミスト噴出装置からは冷えた霧が噴き出し、バスを待つ人や歩行者らを癒やしていた。(坂井俊彦)