[PR]

 大分県竹田市のくじゅう花公園では赤、青、黄色など、彩り鮮やかな花が咲き、見頃を迎えている。5千平方メートルの「春彩の畑」にはハナビシソウ、ナデシコ、ネモフィラなど10種、約8万株が植えられ、訪れる来園者が楽しんでいた。

 園長の江崎義博さんによると、5月は天候に恵まれ来園者も多かった。見頃は月末まで。6月からは夏の花へと植え替えをしていく予定という。