[PR]

 日本サッカー協会は24日、ブラジルで6月14日に開幕する南米選手権に臨む日本代表選手23人を発表した。初選出は13人。来月の国際親善試合に初招集された大迫(広島)、中山(ズウォレ)、久保建(FC東京)も選ばれた。南米選手権には国内外のクラブに選手の派遣義務がないため、異例の選考となった。

 協会は23日に6月5、9日の国際親善試合、キリンチャレンジカップに臨む代表27人を発表したばかり。重複選手は、川島(ストラスブール)、柴崎(ヘタフェ)、岡崎(レスター)ら9人だった。記者会見した森保監督は「今回は東京五輪世代を多く選んだ。五輪の目標は金メダルであり、A代表レベルの選手が戦わなければ難しい。南米選手権でA代表として戦うなかで成長してほしい」と話した。

 代表選手は以下の通り。

 ▽GK 川島(ストラスブール)、※小島(大分)、大迫(広島)▽DF 植田(セルクル・ブリュージュ)、※板倉(フローニンゲン)、※岩田(大分)、※立田(清水)、※原(鳥栖)、※杉岡(湘南)、※菅(札幌)、冨安(シントトロイデン)▽MF 柴崎(ヘタフェ)、中島(アルドハイル)、中山(ズウォレ)、※三好(横浜マ)、伊藤(ハンブルガーSV)、※松本(広島)、※渡辺(東京ヴ)、※安部(鹿島)、久保建(FC東京)▽FW 岡崎(レスター)、※前田(松本)、※上田(法大)(※は初選出)