[PR]

 東京都墨田区のすみだ水族館でマゼランペンギンの赤ちゃんが令和になって初めて誕生した。同館で生まれるのは7年連続だという。

 28日から6月23日までの午後1時から5時に、特別展示スペース「ペンギンのゆりかご」で公開する。生後間もないふわふわの赤ちゃんを見ることが出来る。

 赤ちゃんは5日に体長約11センチ、体重約84グラムで卵からかえった。雌の「モミジ」と雄の「メロン」の子で、同館で飼育されているマゼランペンギンは58羽となった。飼育スタッフの福谷彩香さん(23)は「よく食べる。とにかくご飯が大好き」という。

 展示期間中、来館者から「元気な東京」というテーマで赤ちゃんの名前を募集する。案の中から飼育スタッフが7月中旬に決める。昨年、孵化(ふか)した3羽のひなは「ちゃんこ」「もんじゃ」「そいや」と名付けられた。(藤原伸雄)