[PR]

 謎の路上アーティストとして世界的に知られるバンクシーが、イタリア・ベネチアの露店で作品を発表して、地元警察の指導で撤去された。露店の許可を得ていなかったという。バンクシーが22日、発表から撤去までが映った動画をインスタグラムに投稿した。

 作品名は「油の中のベネチア」。9枚の絵を組み合わせると、ベネチアの運河に浮かぶ巨大クルーズ船の絵になる。59秒間の動画には、男性が作品を組み立てる様子や、通行人が立ち止まって見る様子、許可が無いとして警察が男性に立ち退きを指導する様子が記録されている。男性は新聞などで顔を隠している。

 ベネチアは観光地として人気だが、大型クルーズ船の通航などによる環境破壊や地盤沈下が問題となっており、今回の作品で風刺したとみられる。

 ベネチアでは11日から国際現代美術展「ベネチア・ビエンナーレ」が開催中。バンクシーは「世界最大で最も高名なイベントに、どういうわけか私は呼ばれたことがない」とも、動画にコメントをつけた。

 またベネチアの運河沿いの建物の壁には、たいまつを持った子どもの絵が描かれているのも見つかり、バンクシーは24日、この絵の写真もインスタグラムに投稿した。子どもは救命胴衣を着けており、難民・移民の受け入れ問題に着目したとみられる。

 バンクシーが描いた可能性のある作品は、東京都の防潮扉で今年1月に見つかり、話題になった。扉にネズミが描かれており、都が切り離して4月から都庁で一般公開している。(ローマ=河原田慎一)