[PR]

 日差しがまぶしくなるこの季節、紫外線対策の重要性が呼びかけられる一方、過剰な対策でビタミンD不足になることを心配する声もあります。ビタミンDは腸からのカルシウムの吸収を助けるため、骨の健康には欠かせません。紫外線対策をするならば、ビタミンDの摂取も意識してみませんか? 医学博士で管理栄養士の本多京子さんにおすすめレシピを聞き、実際につくってみました。

環境省マニュアルにも記載

 環境省の「紫外線環境保健マニュアル2015」にはこう書かれてあります。「ヒトは食事と日光紫外線から必要なビタミンDを得ていますが、日本では近年、日焼けを避ける若年女性が増えたことから、特に乳幼児のビタミンD欠乏症が増加しています」

 ビタミンD欠乏症になると、カルシウムの不足からけいれんを起こしたり、ひどいO脚になったりするので、妊婦さんや授乳中の女性は、適度な日差しを浴びるほか、ふだんの食事に気をつけるように、と環境省は呼びかけています。

 最近は高齢者の骨粗鬆症(こつそしょうしょう)対策としても、ビタミンDの重要性は指摘されています。ほかにも、がんや感染症の予防などにもはたらいているとの指摘もあるそうです。

魚の缶詰、半干しキノコ

 では、どんな食材がいいのでしょうか?

 本多さんのおすすめは魚です。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら