[PR]

 世界自然遺産・知床の北側の玄関口となる知床自然センター(北海道斜里町遠音別村)に、大手スポーツアパレルメーカーのゴールドウインが直営店「ザ・ノース・フェイス/ヘリーハンセン知床店」を出した。知床はアイヌ語のシリエトク(大地の突端)に由来する言わば「辺境の地」。店を開くには好立地ではない。しかし、メーカーは、地元の知床への「サステナブル(持続可能)」な考え方に共感、出店を決めた。

 ザ・ノース・フェイスは1966年に米国で創業。トレッキングからキャンプまで様々なアイテムをそろえる。ヘリーハンセンは1877年にノルウェーで創業。海から山までのアクティビティをサポートする製品を提供する。ともに世界に知られたアウトドアブランドで、ゴールドウインは双方の日本での商標権を持ち、それぞれと戦略的パートナーシップを組んでブランドビジネスを展開する。

 いずれも知床のような大自然の中でこそ、その性能を存分に感じられるブランドだが、これまでの同社の道内の直営6店は、札幌市内もしくは一部のスキーリゾート地にあっただけ。道東エリアへは初出店で、世界自然遺産地域内へは同社としては全国初となった。

 斜里町からセンターの管理を委…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら