[PR]

 居酒屋チェーン大手のワタミは24日、創業者で自民党参院議員の渡辺美樹氏を取締役候補者として6月24日の株主総会に提案すると発表した。渡辺氏は今夏の参院選に出馬しないと表明しており、ワタミ経営陣に6年ぶりに復帰する見通しになった。同社広報は「成長に向けて創業者の知識と経験が必要」と説明する。清水邦晃社長らは続投する。

 渡辺氏は2011年の東京都知事選に出馬する際に代表取締役を退任。代表権のない取締役会長を13年6月まで務め、参院選への出馬前に辞任していた。

 ワタミは14年3月期決算から2年連続で純損失を出し、介護事業の売却や居酒屋の業態の転換に踏み切った。19年3月期決算は居酒屋「ミライザカ」などの好調で13億円の純利益を出した。(長橋亮文)