[PR]

 24日午後4時20分ごろ、滋賀県草津市笠山5丁目の名神高速道路上り線の草津ジャンクション付近で、観光バスと車3台が絡む多重事故が起きた。県警によると、観光バスが乗用車に追突し、前を走る車が相次いで玉突きを起こしたという。追突された車の奈良県大和高田市の会社員の女性(58)が死亡し、孫で同市の小学1年の女児(7)が意識不明の重体。バスの乗客2人を含む計15人が重軽傷を負った。

 県警高速道路交通警察隊によると、バスは片側4車線の一番左側の車線を走行中に乗用車に追突。追突された車が横転し、死亡した女性と重体の女児はこの車から投げ出されたという。バスが走っていた車線は新名神高速道路に分岐する車線で、事故当時、道路のリフレッシュ工事中で渋滞していたという。

 高速隊によると、バスは「WORLD CABIN」(東京都新宿区)の大型観光バスで、中国人観光客約30人が乗っていた。京都府内から、愛知県方面に向かう途中だったという。

 県警は、バスを運転していた運転手の鈴木武容疑者(52)=大阪府八尾市=が前をよく見ていなかったとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。この事故で、名神高速上り線は、京都東インターチェンジ―草津ジャンクションで通行止めが続いた。(安藤仙一朗、比嘉展玖(ひらく)、新谷千布美)