[PR]

 つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道は24日、6両編成からなる車体2編成の計8カ所で、ひび割れが見つかったと発表した。ひび割れはいずれも同じ床下機器の取り付け部にあったことから、同社はこの2編成の営業運転を取りやめた。

 同社によると、ひび割れが見つかったのは「TX―2000系」。今月10日、定期点検中の1編成のうち4両で、約2トンの床下機器を車体に取り付ける部分に計6カ所のひび割れがあった。他の車両を一斉点検したところ、もう1編成の2両の同じ場所でもそれぞれひび割れが見つかった。

 2編成は、いずれも日立製作所が2012年5月に製造した。製造過程に何らかの問題があった可能性があるという。(細沢礼輝)