[PR]

 フィギュアスケートのアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」が24日、千葉市で始まった。4月の世界国別対抗戦を欠場した羽生結弦(ANA)も出演し、満員の観客を魅了した。

 66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生は、オープニングに登場すると、いきなり4回転トーループを着氷。第2部の最後に再び登場し、右上半身が赤色、左上半身が黒色の衣装で氷上に立った。ロックバンド「X JAPAN」のToshl(トシ)さんが歌う「マスカレイド」の曲に合わせて、しなやかに舞い、トリプルアクセル(3回転半)を決めた。フィニッシュポーズでは、着用していた手袋を氷にたたきつける演出も見せ、詰めかけたファンを楽しませた。負傷した右足首の状態も順調に回復しているようで、フィナーレでは4回転ルッツにも挑戦。転倒したが、大声援を浴びた。

 女子のシニア1年目でグランプリファイナルを制した紀平梨花(関大ク)は、シニア2年目に採用する新しいショートプログラム(SP)を披露した。大人っぽい黒色の衣装に身を包み、「ブレックファスト・イン・バグダッド」のアップテンポな曲調に合わせて軽やかに滑った。注目のジャンプはダブルアクセル(2回転半)、3回転ルッツ、3回転フリップを跳んだ。着氷が乱れる場面もあったが、フィナーレではトリプルアクセルをきっちり着氷した。

 平昌五輪4位の宮原知子(関大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら