[PR]

 フランス中部リヨン中心部の歩道で24日夕方、爆発があり、仏メディアによると、8歳の子ども1人を含む13人が負傷した。

 報道によると、同日午後5時半ごろ、自転車に乗り、サングラスなどで顔を隠した男がパン屋の前にスーツケースを置いて走り去り、その後にスーツケースが爆発した。

 現場は観光客も多いベルクール広場の近くで、警察が防犯カメラに映った30代前半とみられる男の写真を公開し、行方を追っている。

 検察の対テロ部門が捜査しているが、ベルベ司法相は「テロ行為だと断定するのはまだ早すぎる」と述べ、動機や背景などを慎重に見極める考えを示した。(パリ=疋田多揚)