[PR]

 「熊本・天草産ホップ100%のクラフトビールを造る」。そんな思いを胸に、天草市五和町出身の美容師荒木信也さん(39)が、地元でホップ栽培に取り組んでいる。醸造所の建設準備も進めており、クラウドファンディング(CF)で支援を呼びかけている。実現すれば日本最西端のクラフトビール醸造所だ。

 高校卒業後、東京で美容師の道を歩んできた荒木さんは25歳のころ、味や香りの種類の豊富さで知られるベルギービールを飲んでそのおいしさに衝撃を受けたという。以来、小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なクラフトビールに夢中になった。

 その後、ビールの原料となるホップの栽培が九州でも成功していることを知り、「天草でしか作れないビールを作りたい」との思いが募っていった。無農薬栽培のビワ農家である実家の休耕地を活用しようと、2013年7月に東京から熊本へ拠点を移した。

 熊本市内で美容室を営む一方、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら