[PR]

 熊本地震で周囲の山が崩れ、道路が寸断された熊本県南阿蘇村の垂玉温泉で、地震から3年を経て泉源の復旧工事が始まった。同温泉唯一の旅館で、地震以降は休業している山口旅館の8代目で専務の山口雄也さん(38)は、これまでの利用客の声やボランティアの支援を支えに、日帰り入浴を中心にした施設への再生を目指す。

 旅館近くの断崖にある高さ約60メートルの滝の下では4月末、土石や土をどけ、滝の真下の岩の間の各所から湧き出る湯を確保するための作業が進められていた。地震前はここから旅館の方へ湯を引いていたが、熊本地震で泉源の設備は周囲の岩肌や地面もろとも崩れてしまっていた。

 阿蘇の山腹にある垂玉温泉は、江戸時代以前から利用されてきたといわれる。明治時代に山口さんの5代ほど前の先祖が今の温泉に続く村道の基礎となる道を開き、石垣を積んで敷地を整備して旅館の基盤を築いたという。誰でも入りやすいくせのない泉質。滝つぼ横にあった露天風呂は名物だった。

 2016年4月16日の地震で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら