[PR]

 施設の老朽化や来館者の減少で苦境に立つ美術館や博物館が、インターネットを使って有志からの出資を募るクラウドファンディング(CF)に挑戦する例が増えている。3月には国立6美術館が合同で専用サイトを立ち上げた。理解を得て成功する例が多いが、PR不足などから失敗に終わることも。パトロンの輪は広がるのか。

 ダイエー副社長を務めた故・大川栄二が私費を投じてつくった大川美術館(群馬県桐生市)では12月8日まで、所蔵品の中核をなす松本竣介(1912~48)の生前のアトリエを再現して展示している。愛用したイーゼルやパレットを置き、代表作とともに楽しんでもらう試みだ。費用を捻出しようと、昨年6月から2カ月間、500万円を目標にCFに挑み、約750万円が集まった。開館30年を迎えた美術館の魅力を地元で訴えて歩いた田中淳館長(63)は「アトリエの再現で来場者も増え、年間の入場者数は前年を上回る見込みだ」と喜ぶ。

国立科学博物館、プロジェクト資金6千万円集める 

 かつて天皇皇后両陛下(今の上皇ご夫妻)も訪れた美術館だが、近年の来館者は全盛期の3分の1ほどに落ち込み、開館30周年を記念した企画の費用を自前で捻出することができなかった。「CFに挑戦していることをチラシやウェブでアピールするなど、必死で取り組んだ。地元を中心に幅広くアート愛に着火できたことが大きい」

 東京・神宮前のワタリウム美術館は2012年10月、フランス出身の気鋭の写真家JR(ジェイアール)と組み、出資を募った。東日本大震災の被災地を専用トラックで回り、住民のポートレートをポスターサイズで印刷して街頭に貼っていくという内容に、「エッジがきいてる」「これは支援したい!」と225人から250万円余りを集めた。

 01年に独立行政法人となり、財政の自立が求められている国立館も例外ではない。国立科学博物館は16年から、3万年前の航海を再現するプロジェクトで約6千万円を集めた。3月にスタートした専用サイト「国立美術館クラウドファンディング」は、モネの絵画「睡蓮(すいれん)、柳の反映」をデジタル復元する第一号の企画で、目標の300万円を早々に達成した。

 美術館を取り巻く環境は厳しい。現代美術のコレクションで知られた東京・北品川の原美術館は昨年、建物の老朽化を理由に閉館する方針を公表し、長野県上田市の信濃デッサン館は来館者の減少から昨年3月15日に閉館した。戦没画学生の作品を集めた無言館の経営に集中するという。

「人手割けない」「CFで稼げるなら予算減」断念や懸念も

 箱物ブームの1990年代に多く建てられた公立の美術館や博物館も、維持費がかさんだり、予算が絞られたりしている。そんな中、期待を集めるのがCFだ。

 CFサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」の斎藤隆太事業部長によると、平均的な支援額は1人約1万円。各館は招待券や図録、優先観覧などの見返りを用意して出資を募る。

 CFサイトの先駆け「Readyfor(レディーフォー)」では、ミュージアム主催の企画は8割超が成功。11件で計1億円近く集めた。相談も増えているという。アートプロジェクト担当の廣安ゆきみさんは「申し込めば、自動的に目標を達成できるものではない。いかに工夫してPRできるかが成否を分ける」。支援してくれそうな人や企業を回ったり、メディアに売り込んだりして、最初の1週間で目標の20%を集めることができれば一気にゴールが見えるという。サイトで情報を更新するなど地道な作業が不可欠なため、「人手が割けない」と断念する館もある。

 香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は施設の改修資金を集めようと、CFに取り組んだが、金額は数十万円にとどまった。「応じてくれたのは、来館したことがある市外の人がほとんど。地元の関心を高めることができなかった」と担当者は振り返る。

 公立館ではジレンマも抱える。ある地方美術館の館長は「自治体財政が相当苦しいなか、CFで稼げるなら、予算は削ってよいだろうと行政当局からみられるリスクもある。取り組みたいが、痛しかゆしの状況だ」とこぼす。

 CF制度に詳しい岩渕潤子・青山学院大客員教授は「米国のように独自に運用できる基金を持たず、制度上民間からの寄付も期待しづらい日本のミュージアムは、そもそも運営予算が心もとない。とりつきやすい手法で注目を集めるCFだが、絶えず大衆受けするプロジェクトをやるのは不可能。館を維持する予算とスタッフを確保できた上で、初めて新しい試みも成功する可能性が増える」と話す。(木村尚貴)