[PR]

 公明党大阪府本部は25日、幹部会を開き、大阪都構想の実現に向けて大阪維新の会と協力する方向性を了承、その後の緊急の議員総会で報告した。党内調整を終えたことで、25日夜に維公幹部で3回目の協議に臨み、最終合意した上で、共同記者会見する。

 公明はこれまで、維新と住民投票の実施時期をめぐって対立してきたが、大阪府知事・大阪市長のダブル選や衆院大阪12区補欠選挙で推薦した候補が維新候補に敗北したことで方針を転換。「民意を重く受け止める」(佐藤茂樹・府本部代表)として、住民投票の実施容認を表明した。

 前回23日の維公協議では都構想実現に向けて協力することを確認。維新主導で作った都構想案について、公明側は住民サービスの低下の可能性や特別区移行に伴うコストに懸念があると伝えた。この日は維公協議を受け、府下の議員が出席する議員総会が開かれた。総会後、公明党府本部幹事長の林啓二府議は記者団に「これまでの協議を報告した」と話し、幹部会で一任されたことを明らかにした。(半田尚子、坂本純也)