【動画】大統領専用機で羽田空港に到着したトランプ米大統領=長島一浩撮影
[PR]

 トランプ米大統領は25日午後、羽田空港に到着した。新天皇が即位後、初めて会見する国賓となる。安倍晋三首相はゴルフや大相撲観戦で歓待し、日米同盟が強固であることを内外にアピールする。

 トランプ氏の来日は2017年11月のアジア歴訪で立ち寄って以来2度目。今回は日本のみ4日間の滞在となる。米国の大統領が国賓として来日するのは14年のオバマ前大統領以来。首脳会談は27日の予定。両首脳は4月下旬にワシントンで会談し、6月下旬には大阪市で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でも会談する予定で、3カ月連続は異例だ。

 トランプ氏によると、今回の訪日は、天皇が退位し、新たな天皇が即位することについて、安倍首相から米プロフットボールNFLの王者を決める「スーパーボウルの100倍もの大きな行事」と説明されて決断した。天皇、皇后両陛下とは27日に外国の要人として初めて会見する。

 トランプ氏は出発前の24日、ホワイトハウスで記者団に対し、約200年ぶりの天皇の生前退位を念頭に「日本の天皇にとても重大なことが起きている。200年以上で初めてのことだ。安倍首相は私に『あなたは名誉ある賓客だ』と言った。私だけが賓客だ。つまり、世界中の国々のなかで、この200年のうち最大の行事で、私が賓客なんだ」と語った。

 両首脳は26日に千葉県内でゴルフをした後、東京・両国の国技館で大相撲夏場所千秋楽を観戦する。現職米大統領の大相撲観戦は初めてで、トランプ氏は優勝力士に「トランプ杯」を授与する。27日の首脳会談では、通商問題や北朝鮮の核・ミサイル開発問題を話し合うほか、進展していない拉致問題についても意見交換する見通しだ。さらに米国とイランの緊張が高まっていることを受けて、緊張緩和をめざして安倍首相がイラン訪問を調整していることについて、トランプ氏の意向を確認するとみられる。(土佐茂生)