[PR]

 24日午後6時50分ごろ、東京都港区の東京タワーの近くで、ドローンが飛んでいるのを付近を警戒していた警視庁の機動隊員が見つけた。愛宕署によると、操縦していたのは外国人観光客の男性で、「趣味で飛ばしていた」と説明しているという。警視庁は航空法違反の疑いがあるとみて調べている。

 25日夕のトランプ米大統領来日を前に、警視庁は都心部などで警戒を強めている。人口が集中する都心部や夜間については、ドローンの飛行は原則として禁止されている。