[PR]

 災害や事件で傷ついた子どもに、どう声をかけたらいいか――。子どもの心のケアを学ぶセミナーが26日、岐阜県羽島市である。子どもを傷つけずに接する方法を一般の人に知ってもらおうと、県内の女性防災士らが企画した。

 被災者の心をケアするPFA(心理的応急処置)は、世界保健機関(WHO)などが開発し、東日本大震災などで知られるようになった。警察・消防関係者が学ぶこともある。

 セミナーは子どものためのPFAがテーマ。講師は、東日本大震災で災害派遣され、福島県内で心のケアにあたった緑川大介医師。ロールプレーも交えて学ぶ。

 主催する「清流の国ぎふ女性防…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら