[PR]

 和歌山県有田川町の田口川砂防公園で、ゲンジボタルが舞っている。暗闇で淡い光が明滅し、初夏の夜を彩っている。

 同園付近では、2004年から、近くの小澤公和さん(67)、さよさん(65)夫妻が中心となって活動するボランティア団体「田口川ホタル遊々(ゆうゆう)倶楽部」がホタルの飼育、放流に取り組んでいる。数千匹のホタルを孵化(ふか)させる年もあり、ピーク時には数百匹のホタルが舞うまでになったという。さよさんは、「子どもたちに昔懐かしいホタルの風景を見せて、伝えていきたい」と話していた。

 見頃は6月初旬まで。6月2日まではホタル保護のため、車の通行規制が行われる。問い合わせは同団体(0737・52・3964)。(金居達朗)