[PR]

 浦和名物のウナギをPRする「さいたま市浦和うなぎまつり」が25日、同市役所であった。家族連れなど約3万人が訪れ、ウナギを食べたり調理実演に見入ったりして、にぎわった。

 「浦和のうなぎを育てる会」などでつくる実行委員会主催で18回目。同会所属の12店舗や茨城県古河市の職人らが「うなぎ弁当」を3千食用意。購入に必要なチケットは、この日正午ごろに完売したという。

 両親と訪れ、ウナギ入りの長巻寿司をほおばった同市南区の田辺柊也さん(7)は「ふわふわしておいしい」と笑顔で話した。(山口啓太)