[PR]

 政治資金問題で前市長が辞職したことに伴う大阪府堺市長選が26日告示された。無所属で元堺市議の野村友昭氏(45)、地域政党「大阪維新の会」公認で元大阪府議の永藤英機氏(42)、政治団体「NHKから国民を守る党」代表で元東京都葛飾区議の立花孝志氏(51)の新顔3人が立候補を届け出た。6月9日に投開票される。

 過去2回の市長選と同様、大阪維新と反維新勢力の事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。

 過去2回の市長選で前市長の竹山修身氏に連敗した大阪維新は、4月の竹山氏の辞職を受け、前回も立候補した永藤氏を擁立。「鬼門」での勝利を目指す。一方、反維新側は、自民党を離党した野村氏を超党派の国会議員や市議が支え、共産党も事実上、自主支援する。

 「政治とカネ」の問題や、維新が掲げる大阪都構想をめぐり、激しい論戦が予想される。(加戸靖史)