[PR]

 プロ野球ソフトバンクは25日、米イースタン・フロリダ州立短大のカーター・スチュワート投手(19)と契約に合意したと発表した。スチュワート投手は昨年の大リーグ(MLB)のドラフト会議でブレーブスから1巡目(全体の8位)に指名されたが、身体検査で手首に問題があるとされて契約金が抑えられ、入団に至らなかった。米スポーツ専門局ESPNによると、ソフトバンクとの契約は6年総額700万ドル(約7億7千万円)以上という。今年のドラフト会議でも指名される可能性があった。

 ソフトバンクの三笠杉彦・球団統括本部長は「(大リーグ傘下だけでなく)世界中で良い選手を探してきた。以前から取り組んできたこと」としている。工藤監督は25日のロッテ戦後に、「素晴らしい投手と聞いている。まだ19歳、これからに期待したい」と話した。

 スチュワート投手は右投げ右打ちで、身長198センチ、体重101キロ。カリフォルニア州で現地時間の30日に会見した後に来日し、来月3日に福岡市内で会見する予定。(藤木健

■常識破…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも