[PR]

 2021年に関西を中心に開かれる生涯スポーツの大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」の地元開催をPRしようと、堺市の実行委員会は25日、ウォーキング(歩く)サッカーの体験イベントを開いた。サッカーとフットサルの試合が行われるJ―GREEN堺で家族連れなど約50人がプレーを楽しんだ。

 ウォーキングサッカーは、走ったり相手と接触したりするのを禁止し、安全で楽しみながらプレーできるのが特徴。WMGの競技種目に無いが、気軽に楽しむことで初心者にもサッカーに興味を持ってもらおうと、実行委が企画した。

 孫と一緒にプレーした堺市の石谷広子さん(64)は、「思わず走りそうになった。練習してうまくなりたい」と笑顔。孫の成田初さん(8)は、「シュートを打ててうれしい。おじいちゃんが大会に出たら応援したい」と話した。

 堺市文化観光局の山下勝利スポーツ部長(56)は「国内外から6千人の参加を目標に堺市の大会をPRしていきたい」と意気込んだ。(山城響)