[PR]

 松江市を中心に活動する社会人プロレス団体「松江だんだんプロレス」の公演が25日、同市佐草町の老人保健施設「虹」であり、施設の利用者ら約150人が熱戦に声援を送った。

 同施設では2012年から毎年開催され、今回で8回目。第1試合はグレートカグラ選手と岩国プロレスのやんちゃマン選手の一戦。職員も巻き込んだ場外乱闘に観客は熱狂した。続く試合でも、鍛え抜かれた肉体から繰り出されるブレーンバスターやドロップキックといった大技にひときわ大きい拍手が送られた。

 最前列で見守った芝川ハルさん(86)は「毎年プロレスが来るのを心待ちにしています。目の前で試合を見ると興奮してきますね」と笑顔。だんだんプロレスのKOZZY選手は「地元での試合で人生の大先輩から応援されるのは力がもらえます」と話した。(清水優志)