[PR]

 外国人材の受け入れ拡大に向けて新設された在留資格「特定技能」のうち、宿泊業の技能試験結果が25日に発表され、280人が合格した。資格を手にしたひとりは、自分が望む仕事に就けるか不安を抱きつつも、日本で働く夢を描く。

 試験実施団体によると、4月にあった宿泊業の試験の受験者は391人で、合格率は71・6%だった。試験に合格することは「特定技能」を得るために必要な条件の一つで、外食や介護の分野ではすでに合格発表があった。

 「うれしい。でも仕事を探すのは不安です」

 ベトナム人のトウロン・ティ・タムさん(30)は朝、ベトナム中部クイニョン市で合格を知った。通知には求人検索ができるホームページも載っていたが、希望の神奈川県に求人はない。今春まで住んだ愛知県に行くか迷っているという。

 技能実習生として日本のプラス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら