[PR]

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、米軍キャンプ・シュワブ沿岸では25日午前、埋め立て土砂の投入や、「K8」護岸の延長、同護岸への被覆ブロック設置などの作業が進められた。新基地建設に反対する市民は抗議船3隻、カヌー12艇で海上から抗議した。

 午前9時には大浦湾北側の「K9」護岸に土砂を積んだ台船が着岸し、護岸上に並んだダンプカ―に土砂を積み替えた。キャンプ・シュワブゲートからの資材の搬入はなかった。(沖縄タイムス)