[PR]

 英国のメイ首相が24日に辞意を表明したことを受けて、調査会社ユーガブが同日、英国の成人2233人に「メイ氏が保守党党首と首相を辞めるのは正しいか」を聞いたところ、67%が「正しい」と答えた。保守党の支持者に限ると71%に上った。

 メイ氏の辞任を最も惜しんでいるのは、欧州連合(EU)からの離脱撤回を求める野党・自由民主党に投票する人で、辞任が「正しい」とするのは57%にとどまった。最大野党・労働党の支持者では保守党支持層とほぼ同じ72%だった。

 一方、ユーガブが23、24日に1586人に次の首相候補とされる人物について聞いたところ、「いい首相になる」との回答が最も多かったのは強硬離脱派のジョンソン前外相で28%。ジャビド内相が19%、ゴーブ環境相が16%で続いた。ジョンソン氏は「悪い首相になる」と答えた人も54%でトップだった。(ロンドン=下司佳代子)