[PR]

 米国のトランプ大統領の来日で、思わぬ人たちに余波が及んだ。豪州のラグビー選手だ。世界最高峰のプロリーグ「スーパーラグビー」の試合で来日していたレベルズの選手たちが、交通規制でバスで空港へ行けなくなり、電車移動を余儀なくされた。

 レベルズは25日の午後2時15分から東京・秩父宮ラグビー場で日本チームのサンウルブズと戦い、52―7で圧勝。試合後には記者会見が開かれるはずが、レベルズ側だけ中止になった。広報担当者から「トランプ大統領の来日による交通規制で、飛行機に乗り遅れる可能性があるため」と説明があった。

 豪州のメルボルンを拠点にするレベルズは試合後、午後8時ごろに成田空港を発つ飛行機に乗ることになっていた。バス移動の予定が、トランプ大統領の来日により高速道路の一部が通行止めになった。電車を使うルートに変更したという。

 午後4時5分ごろに試合を終え、選手たちはグラウンドでしばしファンサービスをしてから、急いで荷物をまとめて駅に向かった。(菅沼遼)