[PR]

 プロサーフィンの世界最高峰・チャンピオンシップツアー第3戦が25日にバリ島であり、五十嵐カノア(21)=木下グループ=が日本人初の優勝を遂げた。

 五十嵐カノアは生まれたときからサーフィンをする運命だったのかもしれない。ハワイの言葉で「自由」を意味する名前の由来を、自らもサーファーの父・勉さん(54)はこう説明する。

 「世界で活躍する子に育ってほ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら