[PR]

 4月29日~5月10日に米ニューヨークの国連本部であった核不拡散条約(NPT)再検討会議の第3回準備委員会を振り返る講座が25日、長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館であった。来年の再検討会議の指針となる「勧告」を採択できなかった背景について、参加した研究者らが解説した。

 講座のタイトルは「核軍縮の最前線から」。長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)の広瀬訓・副センター長と中村桂子准教授、核廃絶を学ぶ学生たちのグループ「ナガサキ・ユース代表団」7期生のメンバーが、それぞれ現地報告をした。

 広瀬副センター長は、「あそこまで激しい言葉が飛び交う国際会議は初めて」と振り返った。核保有国の中でも、内部対立が強まっており、来年に向けて見通しが不透明との見方を示した。

 中村准教授は、米国が打ち出し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら