【動画】衝突した貨物船と捜索が続く現場付近=野津賢治撮影
[PR]

 26日午前2時20分ごろ、千葉県銚子市の犬吠埼の南約11キロの海上で、貨物船同士が衝突、1隻が沈没し、乗組員4人が行方不明になった。事故当時、現場付近は霧がかかっていたといい、第3管区海上保安本部などが沈んだ船内を捜索。同日夕、うち1人を発見したが、死亡が確認された。

 同海保によると、衝突したのは愛媛県今治市、勝丸海運の千勝丸(499トン)と、広島県呉市、住宝海運のすみほう丸(499トン)。千勝丸が沈没し、乗っていた5人のうち1等航海士、上村(かみむら)一文さん(60)=鹿児島県指宿市=▽2等航海士、矢野彰さん(72)=静岡市=▽機関長、瀬野博さん(69)=秋田市=▽1等機関士、馬越才五さん(67)=今治市=が行方不明になった。矢野さんは船内で見つかったが、医師が死亡を確認した。溺(でき)死とみられるという。船長の藤田拓(ひらく)さん(60)=高知県幡多郡=は救出された。すみほう丸の乗組員4人は全員無事だった。

 千勝丸は約1300トンの鋼材を載せて鹿島港(茨城県)から大阪方面に向けて航行中だったが、衝突後、沈没したという。すみほう丸は千葉県内から仙台港(宮城県)に向かう途中だった。

 同海保は巡視艇やヘリコプター…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら