[PR]

 安倍晋三首相は26日午前、令和初の国賓として来日中のトランプ米大統領と千葉県内でゴルフをした。両首脳によるゴルフは5回目。親密な関係を深めるなどが狙いで、4月の首相訪米時のプレーに続き、2カ月連続となった。

 午前9時過ぎ、千葉県茂原市の茂原カントリー倶楽部にヘリで到着したトランプ氏を安倍氏が出迎えた。両首脳は右手で握手し、笑顔で会話した後、記者団に手を振って撮影に応じた。安倍氏はトランプ氏とゴルフカートに並んで座り、自ら運転してクラブハウスに向かった。パンやベーコンエッグなどの朝食をとり、午前9時40分過ぎに1番ホールから始め、8、9番を除き18番ホールまで、計16ホールを回った。

 両首脳には今回、プロゴルファーの青木功氏が同行した。トランプ氏が2017年11月の訪日時に、首相夫妻主催の晩餐(ばんさん)会で青木氏のパッティングを「芸術だった」と称賛したことがきっかけという。

 午前10時ごろを予定していた開始が早まったこともあり、正午過ぎにプレーを終えた。外務省によると、昼食は、米国産牛を使ったダブルチーズバーガーだった。

首相、トランプ氏と「率直に意見交換できた」

 安倍晋三首相はゴルフ後、首相官邸で「少し気温は暑かったが、いいお天気で美しい緑の中でほんとうに気持ちよく楽しくプレーできた。大変リラックスした雰囲気の中で率直な意見交換もできたと思う」と記者団に話した。

 トランプ氏は、令和初の国賓として25日から来日している。26日午前は千葉県茂原市の茂原カントリー倶楽部で安倍氏とゴルフをした。両首脳は同日夕、両国国技館で大相撲を観戦する。