[PR]

 高気圧の影響で気温が上昇した26日、岩手県内各地で30度を超える真夏日となり、多くの地点で5月の観測史上最高を更新した。

 気象庁によると、記録更新は25日午後5時現在で岩泉(34・8度)、大船渡(34・7度)、一関(33・8度)、北上(33・1度)など23地点。ほとんどの地点で真夏日となり、今年の最高気温となった。

 31・9度を記録した盛岡の大通商店街などでは「YOSAKOIさんさ」のイベントがあり、約40の団体が暑さのなか踊りを披露した。秋田県鹿角市の会社員の男性(35)は「まだ5月だけど、いよいよ夏が来たと感じる」と話した。

 気温上昇で、熱中症の疑いで搬…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら