[PR]

 熊本県天草市の新しい本庁舎が完成し、26日に落成式が行われた。午後からは市民対象の内覧会もあった。来月3日から、新庁舎で業務を開始する。

 新庁舎は鉄筋コンクリート(一部木造)造りで3階建て、延べ床面積約9992平方メートル。震度7程度の揺れにも耐えられる免震構造で、設計施工費は50億9350万円。

 1階には、市民課など市民利用の多い課を集約し、総合窓口を設けて来庁者の利便性の向上を図った。天草産材のスギやヒノキを壁面や家具などに多く使い、床材には旧庁舎で使われていた天草木目石を再利用するなど、天草らしい建築をめざした。

 式には約150人が出席し、中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら